運気を「上げる」「下げる」はアナタの日頃の行いです~運気は自ら掴むもの。
0

日本人の風習で年の初めに「初詣」などありますが、皆さんお賽銭を投げ込み、手を合わせ「願い」を告げているかと思いますが、誰1人「不幸」になりたくて足を運んでいる訳ではないと思います。

昨年の感謝と、今年も1年健康で過ごせますように、受験が受かりますようにと、願う事が多いのではないでしょうか?

神様も初詣となると、引っ切り無しに、何処の誰だか分からない人に、沢山の願い事を頼まれて気の毒にも感じます。

参り方としましては、「願い」ではなく「感謝」を伝えると良いようで、名前と住所をお伝えし、手を合わせると良いそうです。

また、初詣だけではなく氏神(住んでる土地にある神社)へは、日頃から手を合わせに行くと、覚えて頂けるかもしれませんね。

イベントとしてではなく、日常からの意識が大切かなと個人的には思います。

この記事を読んで1人でも多くの方が「幸せ」になりますように、願っております。

運気を上げる方法とは?

まず、個人的に思う事なのですが、「開運」するという財布や印鑑、見るだけで開運する画像など沢山あり、例えば「開運財布」を持ったから皆金持ちになるという事なら、誰一人お金の苦労もせずに過ごせていると思うのです。

心理として「お金の入ってくる財布」だと思うと大切に使いますし、お守りのような存在になります。

雑に扱ったりしないようになり、今までのお金の流れが変わってくるのではないでしょうか?

宝くじが当たったり、何百万と大金が入ってきた方も居てるのかもしれませんが、個人的には「物」に頼るのではなく、日頃の行いが運気を上げると思っておりますのでご了承下さい。

財布だと例えば

  • 長財布を使用(お札が折れないように)
  • 領収書やレシートを溜め込まない
  • 払う事を渋らず感謝して払う(返ってくるそうです)

財布やお金を雑に扱う人の所には、お金が寄り付かないどころか、入って来る状況ではないという現状だと思います。

お札だけではなく、1円をも大切にしなければなりません。お金はエネルギーがありますので場所を選ぶともいいます。

徹底されてる方は、財布の色にも拘り、風水だと「黄色」「ゴールド」が良いとされていますが、入ってもきますが出るエネルギーも高いようです。

溜めて残したい場合は「黒」「茶」など落ち着いた色が良いとも良く聞きます。

しかし、お金は回さないといけませんので、貯蓄ばかり考えて払う事を渋り「ケチ」になるとお金は回ってきません。

余談ではありますが、私の周りに居てる経営者の方や、お金に苦労されてない方の財布は、9割「黒」のような気がします。

また、お金を気持ち良く支払う方ばかりです。

財布選びですが、中古品などは避けた方が良いと思います。買い替えの場合は新品をお勧めします。

人の「気」は物に移りますので、誰が使ってたか分からない財布は避けて頂いた方が良いかと思います。

細かいですが、売ってる場所の環境まで考えると、デパートなどで購入すると良いでしょう。

良い物を取り扱っている所で購入すると、財布の状態もとても良いはずです。

お金が居心地の良い財布作りをする事で、金運アップに繋げてみましょう。

 心を浄化してくれる場所が運気アップ!

冒頭でもお話ししましたが、寺や神社といった仏閣に行くと空気が違います。

特にゴミゴミした都会に住んでいると、感じやすいかと思います。

最近ではパワースポット巡りなどもあり、好んで足を向ける方も多いように思いますが、心が疲れてしまったり、気分を好転させるには良い場所だと思います。

パワースポットや仏閣巡りに拘らなくても、自然を感じれる「緑」「土」「空」の整った場所や、居て心地良い場所で充電すると良いでしょう。

普段の生活から1度離れてみるという行動から、何か気付きがあったり見えたりするものです。

日本には沢山の名所もあり、温泉など素晴らしい場所があり恵まれております。

心が疲れた時は、一休みして1泊温泉旅行など最高ではないでしょうか。

心から浄化され、明日への活力と運気アップも期待できます。

生活環境が大事!

場所と言えば、普段生活し長い時間過ごすのは自宅の「部屋」になるかと思います。

「会社」が1番長いという方もいらっしゃるかと思いますが、日常生活する場が1番大切になってきます。

風水などでは、東西南北にこんな色のこんな物を置くとか、鏡だったり調べると沢山の情報が出てきますが、物よりも、まずは生活環境を整える意味で「掃除」が大切です。

運気の悪い人の家は汚れている事が多いのです。

家だけでなく、例えば男性の方だと、車の車内の汚れ具合を見ても、家の状況も見えたりします。

女性だと綺麗にメイクをして素敵に感じる方でも、鞄の中身がグチャグチャだったり、化粧ポーチなどに出やすく、家へ伺ってみると部屋中物だらけで、足元に物が散乱していたりします。

まず、部屋の中でも最も運気が左右される場所があります。

  • トイレ・・家の中で1番運気を悪くする。
  • 玄関・・運気の入り口になります。
  • 寝室・・快適な睡眠をとる事で良い運気が溜まる。

この三か所を重点に置き、掃除をしていくと難しくありません。

部屋が汚れていると、窓を開けず閉め切ってしまったり、カーテンを閉めていると光も遮断されます。

空気は澱み良い「気」は巡りません。

入口になる場所「玄関」の環境はどうでしょうか?

インターホンにホコリがかぶり、壊れた傘が放置してあったりゴミを置いたりしていると良くありません。

玄関に必要以上に靴が散乱してないでしょうか?靴は今履く物だけにとどめ、最低限が良いですね。

土が上がり、ザラザラとし汚れたまま放置していませんか?玄関を、素足で歩けるぐらいが望ましいです。

玄関マットを置くと、悪い気を吸い取ってくれるなどありますが、マットを置く事よりも、玄関は物を減らすが掃除しやすくなりますし理想かと思います。

臭いもこもる場所でもありますので、芳香剤などで誤魔化さずに空気を通して、靴箱も開けて換気すると靴にとっても良いですね。

何年も寝かしている靴などがある場合、場所も取りますし履かないようであれば必要ない靴になります。

靴は放置していると、接着も弱まり、いきなりヒールの部分などが取れてしまったりもありますので、お気を付けください。

「トイレ」の環境はどうでしょうか?

運気を悪くする「トイレ」は特にピカピカに仕上げて頂きたいです。

水回りは水垢など付きやすく汚れやすい、また排泄する場所でもありますので、汚れと臭いの気になる所でもあります。

綺麗なトイレが嫌な方はいないと思いますので、いつでも来客があっても恥ずかしくない状態で保ちましょう。

また、気持ちの問題なのですが、自分の家は綺麗に使用し、他所では好き放題される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

他所のトイレも同じように、節度ある使用を心掛けましょう。

掃除をしてくれている人の気持ちに立って、物事考えた方が良いです。

そういう行いは、必ず自分に返ってきますのでお忘れなく。

余談ではありますが、ある人は実家や友達の家に行くと、トイレ掃除をして帰ってくるそうです。

何故かと聞くと「泊まらしてもらった感謝の気持ち」だそうで、掃除をした事は勿論告げずコソッとして帰るそうです。

私は素敵な話だなと感じましたので、真似させて頂いてます。

トイレに関してだと風水では、「生花」を置くと悪い気を吸収してくれるそうです。

「寝室」の環境はどうでしょうか?

1日の疲れを溜め込まない為にも、快適な睡眠をとる事は必ず必要です。

睡眠をとる事で人は運気を頭部から吸収されているらしく、寝具周り(特に枕元)には物を置かない方が良いようです。

物があると、そちらに気がいき、快適な睡眠をとりにくくなってしまいますよね。

私も置いてしまってますが、枕元に置く「携帯電話」は1番良くないそうです。

運気を頭部から吸収する為、携帯電話は「電磁波」を放つ物ですので運気に限らず、悪影響を与えるとの事。

そう考えると、寝室にはPCや電化製品はなるべく置かないのが正解なのかもしれません。

また、「鏡に自分が映らないように」と昔の方は言いますが、調べてみたら迷信の通り「寝姿が鏡に映ると気は跳ね返される」とありました。

昔からの言い伝えに関しても、聞く耳を持つと良い結果に繋がるかと思います。

寝室の灯りに関しては、間接照明など優しい灯りにし、睡眠がうまく取れない方には、ほどよい香りの演出などお勧めします。

勇気をもって断捨離を!

1度に掃除をするのは時間もかかり大変な作業になりますが、毎日決まった所に直し、リズムを作ってしまうと簡単に終わってしまいます。

物が多い人は、必要ない物を捨てる事から初めて下さい。

動かず寝かしているだけの物があるのも良くありませんので、「断捨離」すると良いでしょう。

断捨離とは「必要のないものを断ち捨てて執着することから離れる」事を意味します。

  • 「断」これから入ってくる不要なものを断つ。
  • 「捨」いま持っている必要ないものを捨てる。
  • 「離」物へ執着する事から離れる。

物欲をなくし、お財布にも優しく部屋も綺麗に整うので、物が溢れてしまってる方は「断捨離」を意識しましょう。

物を捨てる時は「いる」「いらない」で区別せず「使う」「使わない」で判断するとスムーズに捨てる事ができます。

また、ゴミで出してしまうのが苦痛という方は、欲しい方が居れば差し上げて使用してもらって下さい。

物も生きてますので喜びます。最近では、リサイクルショップなどでも買い取りして頂けるようですし、必要な方に使って頂いて手放しましょう。

とても勇気のいる事ですが、部屋が綺麗になるだけではなく、心も軽くなり見える景色も変わって見えてきます。

[詳しくは断捨離とは「物」だけに限りません~自分に必要かを見定めましょう。の記事をご覧ください。]

感謝の気持ちを忘れないで!

心が曇りがちで、「運」が悪い、ついてないと思っている時、人は「感謝の気持ち」を忘れがちになってしまいます。

些細な事にも喜びを持てるように、落ち込んでいる時程、感謝に限ります。

「ありがとう」を忘れないように、毎日「ありがとう」を誰かに言ってみて下さい。

言われる方も悪い気は全くしないはずです。言葉はとても大切で、気持ちを伝える事もできますし、言い換えれば人を傷付けたり凶器にもなります。

もし言葉で大切な誰かに伝える事ができない場合は、今はメールやLINEなどとても便利に気持ちを伝える手段があります。

また、手紙は手元に残りいつでも見返す事もできますし、心温まる最高のアイテムかもしれません。

文字離れした今、見直してみてはどうでしょうか?

感謝の気持ちをどんな状態であっても忘れてはいけません。

今、ここに自分が存在しているだけで、とても幸せな事です。

貴女の傍に居てる誰かに、感謝を忘れず良い言葉を発してみて下さい。

[詳しくは全ての物事に感謝して生きる事の記事をご覧ください。]

良い言葉を使う習慣「言霊」!

言霊というと、なんとなく怖いイメージだったり、宗教みたいに思えたりするかもしれませんが、難しい事ではありません。

自分の発した言葉や考えは、そのまま反映されるので、言葉には凄い力(波動)があると共に、大切だという事です。

マイナスの言葉よりもプラスの言葉を使うように、マイナスな言葉はプラスへ変換しましょう。

例えば「自分はダメな人間だ」➡「自分には個性がある」と変換する。

これは自分自身の為だけじゃなく、聞いてくれている方の為でもあります。

愚痴や不平不満ばかり口にしていると周りへも連鎖し、悪い「気」をまき散らします。

とても感じやすい人だと、ドンヨリとした気分になり、マイナスを頂いてしまうものです。

例えば、人の悪口などを言っても、正直聞いてて嬉しくもなんともありません。

それよりも、人の良い所を見つけて、素敵な所を言い合ってみた方が話も弾みますし、刺激も受けるものです。

言葉には責任もあります。嫌な言葉で人を傷つけたりもします。誤解も招きます。

そうならない為にも、普段から言葉を意識して、良い言葉を使い自分を高めましょう。

  • 肯定する心
  • 感謝する心
  • 謙虚な心
  • 許す心
  • ポジティブな心

このような心を持てば、言葉はきっと変わります。そして、貴女に幸せが降り続く事でしょう。

真似てみる事が1番の早道!

お手本になる方が近くに居たらラッキーですよ。

こんな人になりたいと思う素敵な方が、もし居てるのならば、その方の生活スタイルなどを真似てみましょう。

出来れば志を高くもち、別格ぐらいに思える方が、分かりやすくてお手本になるかもしれません。

羨ましい程に憧れる存在のレベルになると、生活スタイルは確実に違います。

時間の使い方なども無駄はなく、時間がないからと、おろそかにしません。

「有言実行」「即断即決」ができ、自分にも厳しく、身の回りの事へも気を配れる人であったりします。

短時間でも快適な睡眠を心掛け、体調管理へも手を抜かず適度に運動もしていたり、自分への時間は惜しみません。

趣味なども持ち、楽しむ時間もしっかり確保していますし、運気が上がる事などが自然と身に付いてる人が多いのです。

なので、師匠だと思い、あなたが素敵だと思う方の真似をしてみて下さい。

最短で運気アップになる事間違いなしです!

記事の共有と無料購読のお願い

古里このみ

古里このみ

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

数あるサイトの中より当サイトへご訪問頂きありがとうございます。

そして、当記事を最後まで読み続けて頂いた事を、心より感謝致します。

このページを運営しております、古里このみです。

このブログは、私の知識や経験から思う事などを情報発信できればと思い開設致しました。

こちらの記事を、あなたにとって大切な誰かに、1人でも多くの方へ繋げて頂ければ幸いです。

もし当記事が少しでもお役に立てましたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアで記事の共有をして頂き、あなたと繋がりのある方へお知らせ頂ければ嬉しいです。

今後も皆様のお役に立てるような情報を更新し、記事作成を通じてお届けできるように、共有のご協力宜しくお願い致します。

皆様のご協力が励みとなり、私の心の糧となります。

これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントはありません

Be the first to start a conversation

コメントを残す

  • (メールアドレスは公開されません)