自分らしく生きる為に自分を偽って生きる事はやめます宣言~強い人間なんかいない。
0
 長女として生まれたせいなのか、小さい頃から「お姉ちゃんだから」「しっかり者」と言われる事が多く、しっかりしないといけない、ちゃんとしないとと常にプレッシャーを感じ、人に頼る事や心配をかける事は、「ダメな事」と思ってきました。

このように、持って生まれた性格もありますが、育った環境から人格は作られてしまうと思います。

とても強く思われがちで、よく誤解をされ「お前は1人生きていける」など、しっかりしたイメージで取られがちですが、実際は「弱い人間」です。

「弱い」「強い」の表現自体、私自身嫌いなのですが、本当に強い人間て居てるのでしょうか?

初対面の人に言われるのは、見た目だったり話す事からのイメージなので仕方ないですが、長年付き合いをしてきた人に言われると、私の事分かってないし、伝わってないなと思えてしまいます。

昔は偽って弱い部分を隠してたので、言われて当然です。しかし、今は違う。

なのに、伝わっていない現実。

なかなか自分をさらけ出すというのは難しいし、どう思われるかも気になります。

「人からどう思われてるか」ばかり考えていると人は変われません。

無理をしないで自分らしくと思っていても、人目を気にするあまり、心が邪魔をする。

そして、自分らしくって「自分とはなんなのか?」本当の自分を今も探しています。

肩に力を入れずに、自分らしく生きる為、自分を分析してみようと思います。

「人は人」「自分は自分」人と比べても得はない。

人と比べても意味の無い事は分かってはいるけど、人の事が気になってしまう。

同じようにならない、出来ない自分が嫌になり自分を嫌いになる。

努力をしているかというと、死ぬ気で頑張ってはいない、何事にも中途半端な自分。

そんな自分を隠す為、他人の事は気にならない素振りをして、自分に嘘を付く。

隣の芝生は青く見えて、人を羨み、人に嫉妬し、胸が痛く辛くなる。

私の場合は、自分を許す事で克服しました。

  • 出来ない自分を許す

自分に厳しい人程、ストイックに自分にボールを投げます。

私の場合は育った過程で身に付いたように思っていますが、「しっかりしないといけない」という感情が周りとの比較であり、生きにくくしていたように思います。

競争心や、くだらないプライドでガチガチだったような気もしますし、知人からは顔つきも変わったとも言われます。

きっと見えない何かと1人、戦っていたのでしょう。

今の私は、許し過ぎたせいなのか、マイペースになり過ぎてるかもしれません。

人の事も全く気にならず、気持ちが楽に穏やかに変わりました。

「人は人」「自分は自分」と比べる事なく、肩の力を抜いて、自分を許し、自分を苦しめる事はやめましょう。

貴女は貴女で良いのです。

依存や異常な執着、過度な欲。

何に関しても程良くが1番です。

人に依存したり、独占欲が強い方は、自分に自信がないからこその現れのようです。

人を思う気持ちはとても素敵な事で、愛してるがゆえの行動なのかもしれませんが、冷静に考えましょう。

もう昔の話になりますが、今でいうストーカーになるのかもしれません、別れた彼に付き纏われて、勤めてた会社に来られたり、当時1人暮らしをしていたのですが、帰宅すると居てたり、話していない事を知っていたりと、怖い思いをした経験があります。

人に依存するだけでなく

  • アルコール依存症
  • 薬物依存症
  • ギャンブル依存症

など、身体的にも精神的にも健康を損なっている為、おこります。

自分でコントロールが難しくなっている為、気がつけば財産も地位も家族も失う結果となりえますので、もしかしたら自分もと心あたりのある方は、他に夢中になれる事を探しましょう。

そして、誰かに心の内を話てみて下さい。

また生きていると「欲」はありますし、「欲」は持っている方が頑張れるともいいます。

しかし、欲に囚われ過ぎると、人の道から踏み外すような行動が伴うとも言われます。

何事も程良くです。

事後報告だけでは誤解を招くようです。

悩んだりしたら、相談できる人はいますか?

私の場合、相談できる人は居てるけど、相談しないまま決断してました。

何でも自分で決めて、自分で決断する。

とても良いように思われがちですが、人からの意見を聞かない為、固定概念も強く考え方が偏りがちになってしまい、私の悪い所でもあります。

離婚する時も、周りには一切言わず、話がまとまってから両親に報告を入れました。

離婚に至るまでも、危機が何度かありましたが、その度相談しませんし、喧嘩ぐらいで相談しても心配を掛けるだけだと思いながら、初めて相談したのが離婚でした。両親は上手くいってると思っていた為、理解してもらえず、離婚よりも親への説明が大変でした。

また、後々「こんな事があった」と話をすると、相談してくれれば良かったのにと、友達から距離を感じると言われた事もあります。

色んな意見を聞く事で、解決策も増えますし、受け身ばかりではなく、話を持ち掛けて人に頼る事も必要なんだと、経験から得ました。

なにより、言葉に出して吐く事も大切で、話しただけでもスッキリできて悩みでなくなる時もあります。

傍に居てる大切な人には、特に事後報告で済ませず、話をしておく事が必要です。

甘えたり、頼ったりする事は人に迷惑を掛けたり、かっこ悪い事と思っていましたが、自分の話をする事で、自然と「感謝の気持ち」が湧いてきて良いものです。

自分の心の内を見せる事は、とても勇気が必要で難しい事と思っていましたが、意外と思ってた以上に簡単でした。

好かれたい願望を捨てればいいのです。

心を見せて、嫌われるのではないかと恐れるから偽ってしまう。

皆に好かれたいあまり、自分を作って良い自分を演じてしまう。

まだ他人であれば、数時間で済みますが、家族やパートナーに対して偽ってしまうと、罪悪感と戦う事になります。

子供の頃、いい子で居たら「かしこいね」と褒められる事で、親の前では「いい子」を演じる。

好きな人に好かれる為に偽ると、永遠演技が続きます。

人にどう思われるかではなく、そのままの自分を見せる為には、自分に自信を付ける事です。

まず自分自身を受け入れる事が大切で、嫌いな自分も含めて好きになる事です。

何かを始めてみたり、何かを達成する事など自信へ繋がっていきます。

決めた事を継続する、という事も自分に自信が付きます。

また、沢山の人に好かれる事より、大切な人に理解してもらい、愛してもらえる事が大きな自信となります。

偽って良い人を演じて好かれても、苦しくなるだけです。

与えてもらうばかりでなく、与えれる人に。

与えるという事は物やお金の事ではありません。

贈り物なども与える事ですが、誕生日や記念日だけではなく、日頃からの気持ちを「与える」です。

言葉で「ありがとう」や「ごめんなさい」をちゃんと伝わるように伝える。

そして「ありがとう」を沢山言ってもらえるような心を持つ事。

相手への思いやりを持ち、人と接する事が大切です。

小さい時に「自分がやられて嫌な事は、人にやってはいけません」よく言われたフレーズです。

子供に親がよく言い聞かせます。

子供の時は周りから教えがありますが、大人になればなるほど、注意を促してくれたりはなくなります。

当たり前の事のように思いますが、出来てない大人は残念ですが沢山居てます。

相手の気持ちに立ち、自分ならどうされたいかを考えれたならば、自然と答えは出てきます。

過剰に親切の押し売りはいりません。

さりげない優しさを持てれば、生きやすくもなります。

そして、見返りは求めず与える人で居たいものです。

傷つく事を恐れない。

誰しも傷つく事を好みません。

傷つかないようにと生きていると、消極的になり、自分の思った事が言えず、気持ちを伝える事も出来ません。

伝えず我慢する事で傷つかず回避できたとしても、本当に満足でしょうか?

後々の後悔へ繋がらないで納得できるのでしょうか?

例えば、恋愛において考えても分かりやすいかと思います。

傷つく事を恐れて、自分の気持ちを伝えず終わってしまったり、傷つかないように、相手にばかり合わせてしまい結局振り回されたりと、傷つかなくても心がモヤモヤする。

こんな経験をお持ちの方も、いらっしゃる事と思います。

相手を傷つけない事と、傷つく事を恐れて守りに入るのは別物。

傷つく事はない方が楽ですが、傷ついた経験から、人への思いやりや優しさは生まれ、痛みを分かってあげれる為、私は無駄ではないと思います。

傷つく事も、生きている証です。

今を生きる事。

1年後10年後と未来も見据えて大切ではあります。

しかし、毎日が積み重なって明日になり、未来へ繋がるのですから、毎日を怠り、時間を無駄にする事は、未来へ何らかの影響を及ぼします。

私自身、自分への甘さから、自分へのご褒美が、昔はとても多かったように思います。

頑張った自分へのご褒美が有り過ぎると、ご褒美では無くなります。

まずは、今日という「今」を大切に過ごせる人が、素敵な生き方を送れるのではないでしょうか。

何となく時間を過ごすのは、余りにも勿体ない気がしてなりません。

時間を何となく過ごすのであれば、自分と向き合う時間に使うと時間が活きてきます。

生きてると自分にとって良い事ばかりではなく、寧ろ試練の連続で生きにくく感じる時もあります。

しかし、悪い事ばかりでないのが人生です。

些細な事を、幸せと感じる豊かな人でありたいと、私は思います。

そして、少しでも笑顔が多い人生を送りたい。

また、笑顔をばらまいて生きたいと思います。

必ず素敵な明日、未来が広がる事を信じ、一生懸命に生きましょう。

今、この瞬間から初めても遅い事などありません。

「明日」からと先延ばしにせず、何でも「今」からスタートしましょう。

自分らしく生きる為に。

このようにして、自分の事を良く知り、そんな自分を受け止めて、なりたい自分へと前進です。

忙しく時間がなくても、自分と向き合う時間を作り、客観的に観察してみましょう。

自分らしくとは、人と比べない生き方をし、どんな自分も許し、高めて生きる事だと思います。

人と張り合わず、肩の力を抜き、自分らしく生きる。

また、依存や極端な執着、欲なども捨てた方が生きやすいかと思います。

違う自分へ変化を望むのであれば、努力をし時間を大切に過ごしましょう。

なかなか、当たり前の事が当たり前に過ごせていると、生きている有難みは湧かないものです。

人は不便を感じた時に、初めて気付きます。

不便を感じない今、感謝を持ち生きてる人は「自分らしく生きてる」実感があるのではないでしょうか?

また、「感謝」を意識せず身に付いてる人は、素敵な人生を送れます。

そんな人に私もなりたい。なれるように、しっかり自分らしい人生を送りたいです。

悔いない人生を、これから一緒に実行しましょう!

記事の共有と無料購読のお願い

古里このみ

古里このみ

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

数あるサイトの中より当サイトへご訪問頂きありがとうございます。

そして、当記事を最後まで読み続けて頂いた事を、心より感謝致します。

このページを運営しております、古里このみです。

このブログは、私の知識や経験から思う事などを情報発信できればと思い開設致しました。

こちらの記事を、あなたにとって大切な誰かに、1人でも多くの方へ繋げて頂ければ幸いです。

もし当記事が少しでもお役に立てましたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアで記事の共有をして頂き、あなたと繋がりのある方へお知らせ頂ければ嬉しいです。

今後も皆様のお役に立てるような情報を更新し、記事作成を通じてお届けできるように、共有のご協力宜しくお願い致します。

皆様のご協力が励みとなり、私の心の糧となります。

これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントはありません

Be the first to start a conversation

コメントを残す

  • (メールアドレスは公開されません)