心を健康に保つ事が身体への健康へと繋がる~身体+心=幸せの方程式。
0

心と身体は別物ではありません。

「病は気から」という言葉があるように、人間の心の部分は大きく作用すると言われています。

例えば、病院へ行ったり入院したりすると以前より具合が悪くなってしまったり、気分が落ち込んでしまったりと、気持ちが弱くなってしまう事から病気になってしまったりもします。

心が不健康な方は身体が不健康と言っても過言ではありません。

人間の身体は、バランスを保ちながら成り立っていますので、外身ばかりを磨いても心が伴わないとバランスを崩しかねません。

自分の心と向き合う事が、健康へも繋がると私は、自分の経験上も含め思っております。

子育てに悩み、離婚した頃の私は、心と身体のバランスが悪く、心から笑えず人の幸せを喜べない歪みがありました。

貴女の「心」の健康状態はどうでしょうか?

もし、原因が見つからず不調で過ごしているのであれば「心」の問題かもしれませんね。

自分と向き合うタイミングがやってきたのかもしれません。

それは、残念な事ではなく、チャンスだと受け止めて下さい。

心の声を聴けるチャンスです!

沢山の心の膿を吐き、心を豊かに、そして健康へ導くチャンスです。

不安や恐れ、憎悪を捨て自分を許す。

心が元気でない時、常にモヤモヤとした気分になっている事だと思います。

頭の中に、常にその問題が過ぎり嫌な気分になり気分が落ち込む。

連鎖しているのではないでしょうか?

  • 親子関係の問題
  • 兄弟姉妹の問題
  • 夫婦の問題
  • 仕事のトラブル
  • 人間関係の悩み
  • 子育ての悩み
  • 嫁姑問題
  • 金銭的な悩み

上げてみると、悩みのネタは切りがない程浮かびます。

このような悩みを抱えながら、生きていかなくてはなりません。

「ストレス」は病気の種をまき散らし、心と身体を蝕んでいきます。

大きい小さいは別として、少なからず自分だけが悩みモヤモヤしているのではありません。

また、悩みの多くは自分だけの問題ではなく、相手があっての問題になる為、すぐ解決できないのが悩みの種となってしまいます。

現代病と言われる、いわゆる「ストレス」はここから発症していると思われます。

この「ストレス」が元となり、色んな病気を招く原因となりますので、軽減・解決していかなければ悪循環となります。

不安な事や、先々の恐れ、人に対しての憎しみや嫉妬など、身体にとってダメージは大きいです。

そして悩んでいる多くの方の特徴としては、自分に対して完璧主義な傾向が見えます。

自分を追い込み、悩みをより複雑にしている事もあるのではないのでしょうか?

悩む事で、まだ現実となっていない事まで考え、気苦労を背負っているようにも感じます。

私自身も、今の仕事を始めた当初、他のサロン(同業)へ足を運ぶ事も多かったのですが、足を運べば運ぶほど、自分が小さくチッポケで、素敵な方が多いこの業界で、やっていけるか怖さもあり、不安や恐れを感じてしまい、自信が無くなってしまっていた日々もありました。しかし、考えてばかりよりも、行動する事で大きく変わりました。

想像豊かと言いますか、考えなくても良い事まで考えてしまう性格な私です。

また、人と比べてしまい「人は人、自分は自分」と思うようになれるまで時間も要しました。

悩む事は決して悪い事と言っているのではありません。

しかし、悩んで解決する物ばかりではないので、必要以上に悩まない事に私自身は心掛けています。

また、悩むより行動する事を意識して過ごしております。

そう考える事で、ストレスは軽減できたように感じます。

書き出して把握してみる。

頭の中で思っていても解決出来ていない事柄を、ノートに書き写してみましょう。

まず、頭を1度クリーンにする事も大切で、何に悩んでいるのかを把握してみる事です。

なかなか悩んでる事は、誰にでも話ができないのも特徴なので、ノートに書き示してみましょう。

綺麗に書く必要もありません。常に頭で考えている事を何も考えず素直に書いてみましょう。

これは、目標設定などにも使えます。自分はこうなりたいと、達成したい事を書く事で進むべき道が見えてきます。

書いた事柄を全て書いたら、解決に向けて出来る事、今しておかなければいけない事、今後しなければならない事など、細かく嚙み砕く作業をします。

その時のポイントとしては、

  • すぐ解決できそうな問題から取り掛かる。
  • 沢山の問題を抱えている場合、取り掛かる順番を決めてしまう。
  • 解決した問題や悩みは即消す事。

現実に向き合いたくないかもしれません。書き出す事をする作業で、1番の壁は自分自身の本心を紙に移せるかどうかです。

タテマエとかは必要ありません。自分の思う問題を書いてみましょう。

頭をスッキリさせるには、とても効果があると思いますので、試してみて下さい。

そして、ポイントとしては、何故こうなってしまったのかが大切です。

  • 自分は間違えていないか?
  • 人のせいにばかりしていないか?

自分の本心を知る事が大切であり、問題を知る為だけではありません。

また、違った見方はできないでしょうか?

自分にとって悩みとして思ってた事柄も、今の自分の為の勉強(試練)なのかもしれないと感じたりしませんか?

悩みと受け止めず、課題だと受け止めればチャンスになります。

越えられない問題は与えられません。

物事全てに意味があると言います。良い事も悪い事も含めて、自分と向き合ってみましょう。

感謝の気持ちを持ちましょう。

心が曇りがちであればある程、感謝の気持ちを忘れがちになってしまいます。

些細な事にも喜びを持てるように、落ち込んでいる時程、感謝に限ります。

「ありがとう」を忘れないように、毎日「ありがとう」を誰かに言ってみて下さい。

言われる方も悪い気は全くしないはずです。言葉はとても大切で、気持ちを伝える事ができます。

もし言葉で大切な誰かに伝える事ができない場合は、今はメールやLINEなどとても便利に気持ちを伝える手段があります。

また、手紙は手元に残りいつでも見返す事もできますし、心温まる最高のアイテムかもしれません。

文字離れした今、見直してみてはどうでしょうか?

感謝の気持ちをどんな状態であっても忘れてはいけません。

今、ここに自分が存在しているだけで、とても幸せな事です。

貴女の傍に居てる誰かに、感謝を忘れず過ごしましょう。

[詳しくは全ての物事に感謝して生きる事の記事をご覧ください。]

自分を好きになれないと、人を心から愛せません。

「自分の事が好き!」と、どれだけの人が言い切れるでしょうか?

これは、私もまだまだ課題の中の1つです。

  • 自分に自信が持てない

「自信」が持てない人は消極的な部分もありますし、自分をさらけ出す事を恐れます。

それは嫌われたくないという気持ちが働き、偽った自分を装ってしまう傾向も少なからずあるでしょう。

中には、どれが本当の自分なのか分からないと話してくれる方も居てます。

自分を好きになる訓練というと変な感じですが、楽しいと思える事を見つけて心から楽しみ、殻を破る事です。

そして、自分を褒めてあげなければなりません。「私なんかまだまだだ」と思ってしまうと、自信どころか否定をしてしまってる訳ですから、自分の事をいつまでも好きにはなれないでしょう。

そして、沢山の失敗を体験する事も必要に最近思えてきました。完璧な人間を求める必要なんかはありません。

自分が興味ある事を楽しんでみて下さい。笑顔な時間を作る事が自信にも繋がります。

そして自分に優しくしてあげて下さい。そうすれば、人にも優しくできます。

自分を大切に出来なければ、人に対しても心から大切に、そして愛せません。

心を満たし満たされるのも人。

貴女には大切な人はいてますか?大切に思える誰かが居てるでしょうか?

親、兄弟姉妹、子供、友達、パートナー、飼い猫など、対象は様々ですが、誰かの為に生きるというのも心満たされるものです。

自分の事となると頑張れなくても、大切な人の為なら一生懸命にもなれる。

そんな存在が居るだけで、心は前向きにもなれます。

心に栄養を与えてくれるのは、薬などではなく、人の温もりや気持ちなのかもしれません。

「ストレス」を感じる事が人である反面、「心満たされる」のも人であるのではないでしょうか。

人と関わらないで過ごすのは、極めて難しい事です。

関わる全ての人へ、感謝の気持ちを忘れずに過ごしましょう。

ポジティブ・ネガティブに囚われない事。

人間は感情ある生き物で、日々状況も変わりますから、浮き沈みがあって当然の流れだと思います。

しかしポジティブに装い、無理して明るく振舞って、ネガティブな部分を見せないように、無理している方も沢山います。

それは「ポジティブ」だと良い事「ネガティブ」は悪い事という意識から出来てしまったのだと思いますが、本音が大切であると思います。自分に嘘を付く必要はありません。

ネガティブに思っている事を変換していく事が大切だと思います。

そんな自分も受け入れて、自分を愛して下さい。自分を傷つけたりしても何も解決しません。

どんな自分も受け入れて、人と比べたりせずに歩みましょう。

「大丈夫」という言葉はとても元気になれるので、使いましょう!

そして、悩んだり落ち込んだりしてる人が居たら「大丈夫!」と声を掛けてあげて下さい。

毎日の生活をリズミカルに。

心を健康に保つには精神論だけでは難しいです。

例えば、悩み事を抱えると睡眠障害になったり、食欲不振になったり身体にも不調が表れてきます。

それは心と身体が繋がっているから仕方のない事で、SOSの発信でもあるので感知しなくてはなりません。

心や身体が崩れがちになってくると、気持ちが進まず身の回りの事に気を配れなくなり、生活環境もみるみるうちに悪循環になってしまいます。

まず、ムチを打つようですがダラダラ過ごさない事です。暇があれば、不安な事を考えてしまったり、マイナスに働く傾向があります。

  • 起床の時間は一定がベスト。
  • スケジュール管理と予定をしっかりしておく。
  • 食べる物には気をつかう。(バランス良く)
  • 適度に身体を動かす。(ストレス解消)
  • 身体は冷やさず温める。
  • 飲み会参加は控えめに。(暴飲暴食防止・睡眠の妨げになる)
  • リラックスできる時間を確保。
  • 就寝時間も一定がベスト。

このように、時間で区切り、心と身体に必要な事を盛り込んで、スケジュール管理出来れば活動しやすくなります。

付き合いも勿論ある事だと思いますが、自分ルールを持つ事で、規則正しくもなれますので参考にしてみて下さい。

私もそうでしたが、気乗りしない付き合いや、環境が悪いと思える付き合いは、勇気のいる事ですが距離を置き、無理して付き合う事はやめましょう。

意外と付き合う人が変わるだけで、大きな変化が期待できます。それだけ環境と、関わる人は大切です。

記事の共有と無料購読のお願い

古里このみ

古里このみ

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

数あるサイトの中より当サイトへご訪問頂きありがとうございます。

そして、当記事を最後まで読み続けて頂いた事を、心より感謝致します。

このページを運営しております、古里このみです。

このブログは、私の知識や経験から思う事などを情報発信できればと思い開設致しました。

こちらの記事を、あなたにとって大切な誰かに、1人でも多くの方へ繋げて頂ければ幸いです。

もし当記事が少しでもお役に立てましたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアで記事の共有をして頂き、あなたと繋がりのある方へお知らせ頂ければ嬉しいです。

今後も皆様のお役に立てるような情報を更新し、記事作成を通じてお届けできるように、共有のご協力宜しくお願い致します。

皆様のご協力が励みとなり、私の心の糧となります。

これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントはありません

Be the first to start a conversation

コメントを残す

  • (メールアドレスは公開されません)