宇宙の法則「陰」と「陽」のバランスで皆生きている~魂の伴侶「ツインレイ」と共に生きたい。
0

目に見えない事ってなかなか人には伝えにくく、信じてない方には全く理解できる事ではないし、中には「変人」のような扱いをされたりするので、あまりお話ししないのですが、私は目に見えない事を信じていて、人間が目で見ているものなんか、たかがしれていると思ってますので、目に見えない事に、とても興味があります。

新興宗教などではございません。

同じような感覚や、興味のある方へ読んで頂ければと思います。

「陰」と「陽」は背中合わせ。

この世の全てのものは「陰」と「陽」の相反する2つの性質を持ち、両者の調和ににより保っています。

「陰」と「陽」を背中合わせに抱えており、2つを中和させる「気」によって保っている。

これを「陰陽思想」と言います。

「陰」と「陽」のイメージをあげると、

(陰)暗い、日陰、冷たい・・ (陽)明るい、太陽、温かい・・

このようなイメージではないかと思います。

しかし、「陽」は善ではなく、「陰」は悪ではないので、そこは勘違いされている方が多いように思います。

「陰」と「陽」があって、初めて1つの要素となりえるのです。

例をあげると

(陰)女・弱・地・裏・夜・退・柔・静・暗・月・逆・精神・植物・凹・水・冬・・・

(陽)男・強・天・表・昼・進・剛・動・明・太陽・順・肉体・動物・凸・火・夏・・・

このように、真逆の事を「陰」と「陽」で分類しておりますが、この「陰」と「陽」のバランスで成り立っております。

また、女性が「陰」の気、男性が「陽」の気なのは、

女性は、感性豊かに新たなるものを作り出す性。

男性は、今あるものを応用発展させる能力に長けている。

という、理由だそうです。凹(女)凸(男)からしても「陰」「陽」納得いきますね。

結婚する事は本能の行動。

「女」と「男」が結婚をし、結ばれるという行動は、本能からのお導き。

一緒になる事で「陰」「陽」のバランスが保たれ、全身の気がめぐり健やかになるそうです。

太陽が無くなれば輝く事もできない、温もりも無い。

満月は浄化するパワーをももっている。

なので、太陽は月を必要とし、月は太陽が必要なのだ。

それを、男女で考えてみると、お互い補える存在ですね。

互いに輝かされ癒しを頂いている。

なので「陰」「陽」に「善」「悪」はなく、うまくエネルギーが調和し合えば、生きやすくなります。

「食」にも「陰陽」が関わる。

旬の物を、旬な時期に食すと体が喜びますよね?

これは、「美味しい」というだけでなく、「陰」「陽」が関わり体のバランスも整っております。

夏野菜は「陰」の食べ物になり、冬野菜は「陽」の食べ物となります。

夏は「陽」な為、「陰」を好みます。キュウリやトマトなど「陰」の食材を摂る事で、体温を下げてくれる効果もあり、体はバランスを取り戻します。

冬は「陰」な為、「陽」を好みます。カブや白菜など「陽」の食材を摂る事で、体を温めてくれる効果があり、体はバランスを取り戻します。

旬の物を頂き、美味しく、体も整うとは有難い話です。

「陰」「陽」を知らずに居ても、体が欲しがる場合があると思うんです。

無意識な時の行動が「宇宙の法則」なのではと思います。

「ツインレイ」に恋する私。

スピリチュアルな話が続きますが、「ソウルメイト」言葉だけでも耳にされた事はあるのではないでしょうか?

その中でも、「ツインレイ」に魅力を感じてしまう私。

「ツインレイ」とは、ソウルメイトの中でも、最も魂の繋がりが深いとされています。

ツインレイ>ツインフレーム>ツインソウル>ツインメイト>ライトパーソン>ディバインエクスプレッション>ディバインコンプリメント

ツインフレーム以降は、性別問わず複数居たりと、意外と出会えそうに思いますが、「ツインレイ」に関しては、たった1人の存在となります。

遠い昔に魂の段階で別れた片割れになる為、言い換えれば「もう1人の自分」という特別な存在です。

「ツインレイ」とは、根源の存在であり、究極の相手、唯一無二の存在と言われています。

ツインレイは、同じでありながらも、正反対の使命を持ち、その責任を各々が果たした時にやっと出会えるらしく、40代で最も出会う確率があるようです。

しかし、出会った後も決して平坦な道のりとは言えない、ロマンチックとは程遠い、涙と苦難の道のりになるとの事。

ただ、1つの魂、1つの愛、1つの生命、1つの存在に還る為に、多くの試練があるみたいですが、それは「超えられる事を前提とした試練」のようで、待ち受けているそうです。

苦しくても否定せずに受け入れる事が大切で、「ツインレイ」と出会えた喜びとともに苦しみも増えるらしく、試練だらけなようですが、私は「究極の相手」を求めてます。

「ツインレイ」と出会うと、今まで誰にも感じた事のない「愛おしさ」「離れたくない」「離れてはいけない」という不思議な感情が芽生えるらしいのですが・・・1人心あたりがあるのです。

ここに詳しく書けないのですが、10年以上前に知り合った方なのですが、離れてもまた引き寄せられて繰り返しています。

考え過ぎなのか、存在にあてはめたいだけなのかもしれませんが、「ツインレイ」は調べれば調べる程、興味湧きます。

「ツインレイ」の愛の学びとは「対極」の学びであり、先ほど「陰」と「陽」のお話をしましたが、地球は全ての物が2極して存在してますので、2極だからこそ、魂が飛躍的に成長できる場なんだそうです。

「使命と責任」を果たさないと、出会えないという事なので、日々精進する所存でございます。

出会いは偶然?それとも必然?

「ソウルメイト」や「ツインソウル」「ツインレイ」など、考えているからかもしれませんが、人との出会い、関わりに大袈裟に聞こえるかもしれませんが、感銘を受けます。

初めてお会いする時、何か出会う事に意味があるんじゃ?と考えてみたり、偶然知り合ったとは思えません。

勿論、気が合う人ばかりではありませんが、それでも、私に試練を与えたんだと思うようにしています。

そう思う事で、とても人間関係がスムーズになりましたし、トラブルもなくなりました。

これは、友達など他人だけではなく、「親子」や「兄弟姉妹」に対しても一緒だと思います。

(親)あんたなんか産まなければよかった。

(子)産んでなんか頼んだ覚えもない。

など、大喧嘩の末、言ってはいけない一言です。

思ってもないのに、勢いで言う場合があるかもしれませんが、傷つく言葉にすぎません。

お互いに求め合い引き寄せられて、臨んだ形と思えば言葉も躊躇するはずです。

こんな事を今は言っていますが、昔は違いました。

腹も立て、喧嘩し、人とのトラブルもありました。

関わる気持ちと、態勢が変わると、必ず変化があります。

「因果の法則」になりますが、物事必ず「原因」があり「結果」となります。

何か物事など、うまくいかない場合、原因を改めてみなくてはなりません。

そして、出会えた事に感謝をし、人との繋がりを大切にしましょう。

因果の法則「原因」=「結果」

物事の結果は目に見える形で現れるので、注意もしますし、悪い結果だと変えようと必死にもなります。

起こってしまった悪い結果を、変えるという事はパワーも必要としますが、変わったとしても根本的な解決になりえません。

「原因」が変わらない限り、何度でも同じ結果を引き起こす可能性が高くなります。

花や草木を育てるには、種をまき水をまき育てなければなりません。

その過程で、綺麗に咲き誇るか、芽も吹かないか、もしくは枯れてしまったり、結果は変わってしまいます。

いかに経過が大切かという事です。

「良い行いをすれば、自分にも良い事が返って来る。悪い行いをすれば、自分にも悪い事が返って来る。」

とても分かりやすい言葉だと思います。

「原因」の過程が良い流れだと、結果は良い結果となるのではないでしょうか。

後ろめたい事や、コソコソと人に言えない事をいていると、悪い結果へ繋がるのだと思います。

また、良い行いが身に付いている人は、悪い結果は発生しない。

見えないものに守られているかのように、良い結果を残します。

日頃からの意識が大切だと、記事を書きながら改めさせて頂く事ができました。

境界線を持たない生き方「無償の愛」

スピリチュアルな世界では、ひとつである状態を「ワンネス」というらしいのですが、「宇宙愛」だとか「神の愛」など目にします。

「生きとし生けるもの全てが、1つの愛で繋がっている」という意識のようです。

「世界平和」もワンネスの意識の1つで、自分自身と向き合い、試練を乗り越えて「ワンネス」という愛に辿りつく事こそが「ツインレイ」に出会う最大の理由との事ですが、書いてる私も訳が分からなくなってくるぐらいなので、分かりやすく纏めてみます。

見返りを求め、損得勘定がある限り「愛」ではないという事です。

人間は自分が可愛いから、自分の事を優先してしまいます。

そこには、相手に見返りを求める優しさであったり、「損」か「得」かで「する」か「しないか」を決めてしまう。

「ギブ&テイク」という事です。

しかし「無償の愛」は「ギブ&ギブ」であり、境界線を持たない生き方です。

子供を産み、赤ちゃんに対して見返りなどは求めません。

親子愛は「無償の愛」ではないでしょうか。

しかし、他人となるとどうでしょうか?他人事になってしまい守りに入ってしまったり、自分が可愛いから傷つきたくないので、見て見ぬふりをしてしまったりしてしまう。

我が子に注ぐ「愛」を、常に注げる人になれれば、生きやすくなるのではないでしょうか。

境界線は目に見えるものではありませんが、少なからず誰でも心に持っているかと思います。

見せかけの「愛」ではなく本物の「愛」に生きましょう。

溢れる程の愛で満たして、全う出来れば悔いのない人生だったと思えるはず。

私も、「愛」にこれから生きてみようと思います。

余談ではありますが、私は母の連れ子でして、物心つく思春期の頃に、父親が違うという事を知りました。

当時、聞いた時はビックリしましたが、そんな事を感じさせないくらいの「愛」で父は育ててくれました。

血の繋がりはないかもしれませんが、私は父を尊敬しております。

父は、血の繋がりがないにもかかわらず「無償の愛」を私に注いでくれています。

血縁関係など本当に関係ありません。

そんな父のような人に私もなりたいです。

記事の共有と無料購読のお願い

古里このみ

古里このみ

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

数あるサイトの中より当サイトへご訪問頂きありがとうございます。

そして、当記事を最後まで読み続けて頂いた事を、心より感謝致します。

このページを運営しております、古里このみです。

このブログは、私の知識や経験から思う事などを情報発信できればと思い開設致しました。

こちらの記事を、あなたにとって大切な誰かに、1人でも多くの方へ繋げて頂ければ幸いです。

もし当記事が少しでもお役に立てましたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアで記事の共有をして頂き、あなたと繋がりのある方へお知らせ頂ければ嬉しいです。

今後も皆様のお役に立てるような情報を更新し、記事作成を通じてお届けできるように、共有のご協力宜しくお願い致します。

皆様のご協力が励みとなり、私の心の糧となります。

これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントはありません

Be the first to start a conversation

コメントを残す

  • (メールアドレスは公開されません)