全ての物事に感謝して生きる事~徳を積む生き方の選択。
2

良い事も、悪い事も含めて、全ての物事へは意味があると言います。

自分にとって良い事は「有難いな」「ついてる」「ラッキー」と自然に気持ちが傾きますが、もしも自分にとって悪い事が起きてしまった時、なかなか感謝したり良かったという方向には向きにくいですよね?

例えば、事故をしてしまい車が破損してしまいます。

「ついてなかった」「運が悪かった」など吐きたくなりますが、本当についてなかったのでしょうか?

「車の破損ぐらいですんで良かった」「誰かを傷付けたりしなくて良かった」と思いたい所です。

また、運転を改めて気をつけるようになりますし、事故した結果「運が悪かった」のではなく「気がつく事が出来て感謝」になるのではないでしょうか。

物事、捉え方でかなり変わります。

「マイナス」を「プラス」の発想へ転換して感謝する事が、「徳を積み」生きやすくなります。

「徳」を積みポイント貯金しよう!

徳を積む事は難しい事ではありません。

お金もかかりませんし、誰にでも出来てしまいますので、しないと勿体ないとしか言えません。

まず、「徳」には大きく分けると2種類に分類されます。

  • 「陽徳」
  • 「陰徳」

陽徳は、人から感謝されたり褒められたりする事を意味します。

陰徳は、誰にも褒められたりしないけど人知れず行う事を意味します。

どちらが「徳」のポイントを稼ぐ事が出来ると思いますか?

徳を積むには「陰徳」を意識しなければなりません。

誰かに褒められたり、感謝されるから良い行いをするのではなく、誰にも分ってもらえない所で、良い行いをする事でポイントが貯金されます。

このポイントは「幸せ」という形で現れるようなので、沢山の幸せを感じている場合、幸せポイントを意識的にしなくても、日頃からさり気なく出来ている方なのかもしれませんね。

また「幸せ」の感じ方も人それぞれですので、些細な事も幸せと思える事が、沢山の「幸せ」を呼ぶのではないでしょうか?

では、陰徳のポイントを貯める為に、簡単な事から初めて「幸せの種まき」をしてみましょう。

誰にもバレないように、良い行いをしてみましょう!

まず何が良い行いなのか?と迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

何からしてみたら良いのかと困った場合、お節介にならない程の「小さな親切」をイメージしてみて下さい。

親切心は人を気持ちよく、また自分にとっても清々しい気に包まれます。

ここで注意なのは、親切心の押し売りや恩着せがましいのはNGです。

良い行いは自己満足で行いましょう!

  • 笑顔で過ごし、周囲を巻き込み、笑顔を連鎖させる。
  • 困っている人が居たら、気にかけて声を掛けてみましょう。
  • 気になったゴミは、誰か捨てる前に自分が捨てましょう。
  • 電車やバスなど、席が空いていても譲り合う精神で。
  • 駐車場など、便利の良い近い場所は、必要とする方へ譲りましょう。

日常生活の中に沢山良い行いができるチャンスは転がっています。

朝起きて一言「おはよう」と声を掛けるのも、そこから会話が始まりますし、元気がなさそうに感じれば「どうしたの?」と声をかけて、体調が悪いのか気付く事も出来ます。

待つだけではなく、自分から言葉のボールを投げてみる事です。

そして沢山の人へ感謝を伝え「ありがとう」を投げましょう。

「ありがとう」を受け取った人も、幸せのポイントが貯まります。

自分だけが幸せになりたいという意識だと、行動が伴いませんのでポイントも貯まりませんのでご注意下さい。

幸せになりたければ分かち合う事です!

生きていく上で、人との繋がりは必ず発生しますし、誰かに支えられて生きているものです。

中には、自分1人だけの力で生きてきた、と感じてる方もいらっしゃるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

孤独な境遇な方も居ると思いますが、ある意味1人だと思ってる方に読んで頂きたいと思います。

人は孤独を感じている時、心をブロックし外的から自分の身を守ろうとします。

なので、例えば人が親切にしてくれた行為にも気が付きにくく、素直に受け止める事が苦手で、受け入れる事がなかなかできません。

こんなにしてくれるのは何か裏があるんじゃないか?など、マイナスに転換し疑ってかかる事もあります。

何かトラウマがあるのかもしれませんが、生きにくくしているのも自分です。

幸せに感じさせてくれるのは自分ではなく、人から頂くものです。

例えば、へそくりをしてコツコツお金を貯めて、それが幸せという方は自分発信かもしれません。

しかし、幸せを感じる「嬉しい」「楽しい」などの感情は誰かが居て感じる事が多いと思います。

また、その幸せを共有する事で2倍にも3倍にもなり、より幸せ度は増します。

なので自分の幸せは他人の幸せでもあり、他人の幸せは自分の幸せにもなる訳で、そう考えると人との繋がりがどれだけ大切な事かと思います。

年齢を重ね、人との繋がりの大切さや、人を想う気持ちなど、何物にもかえれないと痛感しております。

一緒に「共有」「共感」できる誰かが居てるだけで、ただそれだけで、幸せは降り続きます。

「天」「地」「人」が徳を得る!

徳には

  • 「天徳」天を味方につけると、多数の人に影響を与え、世の中を動かすような大きな仕事を成し遂げる。
  • 「地徳」地を味方につけると、所有する不動産から恩恵を受けたり、不動産で成功する事が多い。
  • 「人徳」人を味方につけると、人との関わりの中で恩恵を得やすい。

誰もが得てるのは「人徳」ではないかと思います。

人との関わりの中で恩恵を得やすい事を「人徳」と言いますが、人に助けられたり救われたりするのも人徳を持っている方だと思いますが、この「人徳」に恵まれている方に特徴があります。

もし、今現状「徳」が無いなと感じていても、改善の余地ありです。

人徳に恵まれている人の特徴!

まず人徳に恵まれている方は、人から信用され「この人なら間違いない」と言ってもらえます。

それは、いつも冷静で物事を客観的に見て判断できる人だからです。

人から相談などを持ち掛けられたり、意見を求められたりしても主観的(好き嫌い・やりたいやりたくない)な意見を言わないし、寧ろハッキリとダメな事は「ダメ」と言える人でもあります。

相手の幸せを考え願えるのも、人徳に恵まれてる人の特徴ではないでしょうか。

人の話に耳を傾け、自分の事のように親身になり、前向きな意見をいつも投げます。

責任感から、自分の事でなくても最善を尽くすのも特徴ですね。

いつも笑顔で、嫌な顔をせず有言実行できる人なので、人からの信用も必ずついてきます。

五感や直感を信じ、人から頂いた恩義を忘れず生きてるのも、人徳に恵まれている方の特徴ではないかと思います。

あと1つ、人からよく物を頂く方も人徳だと思います。

感謝して生きる事が「徳」を積み豊かになる!

徳を積むお話しをしましたが、幸せになりたいからと、点数稼ぎをするのはどうなの?と思いますよね。

良い事をするのも自分の幸せの為となると、運も無くなってしまいそうな気もします。

そこで「感謝の言葉」が生きてきます。

  • 健康でいる事に感謝
  • 家族が笑顔で過ごせる事に感謝
  • 自分を理解してくれる人が居る事に感謝
  • 美味しく食す事に感謝
  • 仕事ができる事に感謝

全ての事が当たり前に感じてしまう事のように思いますが、決して当たり前ではありません。

朝起きて目覚める事、呼吸をしている事すら普通に感じてしまいがちですが、当たり前ではなく生かされています。

感謝を持ち普段の生活をするだけで、何か見えてくるかと思います。

気持ちも豊かになり、人にも自然と優しくなれるはずです。

徳を積むという事は、感謝を持ち生きる事なのかもしれません。

自分の事で精一杯な時、人の事まで考えてる余裕もないと思いがちですが、そんな時だからこそ「感謝」して生き、人の幸せを喜べる人は徳を積み上げ、辛い時や苦しい時に誰かに救われるのだと思います。

人の温もりに癒され、幸せを感じ、また感謝の気持ちで生きる。

心豊かな人生でありますように、心から願っております。

記事の共有と無料購読のお願い

古里このみ

古里このみ

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

数あるサイトの中より当サイトへご訪問頂きありがとうございます。

そして、当記事を最後まで読み続けて頂いた事を、心より感謝致します。

このページを運営しております、古里このみです。

このブログは、私の知識や経験から思う事などを情報発信できればと思い開設致しました。

こちらの記事を、あなたにとって大切な誰かに、1人でも多くの方へ繋げて頂ければ幸いです。

もし当記事が少しでもお役に立てましたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアで記事の共有をして頂き、あなたと繋がりのある方へお知らせ頂ければ嬉しいです。

今後も皆様のお役に立てるような情報を更新し、記事作成を通じてお届けできるように、共有のご協力宜しくお願い致します。

皆様のご協力が励みとなり、私の心の糧となります。

これからも宜しくお願い申し上げます。

“全ての物事に感謝して生きる事~徳を積む生き方の選択。”へのコメント

  1. 麻美

    とても参考になりました。
    私の関わる人の中に、ありがとうとか、なかなか言わない人が多いです。私自身は、そんなことありませんが、カフェオレ奢ってあげたり、欲しがってたぬいぐるみをあげても、ありがとうどころか、逆に、あれも頂戴!とか言われてしまいます。なんなのか、と思いますが、そーゆーのも、陰徳を積んでることになりますか?なるなら、まあ、いいかな?と、思いますが、そーゆー図々しさなどに、不満があります。出会って、2回目なのに、私の鞄にぶら下げてたぬいぐるみ、バシバシ叩いたりとか、馴れ馴れしい人とか、なんなんでしょう?そういう、困った人に、文句言わないこととか、怒りぶつけないほうが、陰徳はつみますか?
    文句があっても、言わないで、ストレスは他のとこで発散とかってゆーのは、徳を積むことになりますか?
    回答、できればしていただきたいです。よろしくお願いいたします。

    返信
    • 古里このみ

      麻美様、コメントありがとうございます。
      人を変える事は難しい事です。
      夫婦であっても親子であっても、なかなか思うようにならないのが現実です。

      自分の考え方や捉え方を変える方が簡単で、ストレスを溜め込まない事に繋がると思います。
      育った環境など人それぞれ違うので、色んな方がいるという事を前提にお付き合いして下さい。
      そして、求めない事ができるようになれば、ストレスは軽減します。

      また不思議な事ですが、あまりに合わない方とは自然と距離もできてきますので、麻美様から文句をぶつけたりしなくても大丈夫です!
      麻美様は今のまま、言葉を大切に感謝を忘れずに過ごして下さい。
      幸せが降り注ぎますように願っております!

      返信

コメントを残す

  • (メールアドレスは公開されません)