不安、恐れ、怒り、憎悪は捨てて~喜びや幸せに変換!
0

人は感情を持って生きています。

基本的感情は4つあると言われていて「怒り・悲しみ・不安・喜び」のようです。

そして「怒り」に関しては、第二感情と呼ばれていて、「怒り」の下には、必ず別の感情が隠れているそうです。

複雑に見える感情ですが、蓋を締めてしまわないように、そして「喜び」が沢山ありますように願います。

「不安」や「恐れ」は自ら捨てる決断を!

「こうなってしまったらどうしよう」と、先々の不安は少なからず皆もっていると思います。

考える時って、なかなか良い方向の事を考える人は少なく、最悪なパターンを考えてみたり、悪い事をシュミレーションしていまいがちです。

まだ、なってもいない事に悩む程、無駄なエネルギーはありません。

気苦労が増えて、ますます不安な気持ちになってしまうだけです。

考える事は悪い事ではありませんが、自分自身で不安を煽る事はやめましょう。

不安や恐れを感じないように、どうすれば良いか?を考えた方が、安心感を手にします。

また、考える時間があるのも良し悪し!

悪い方向にどうしても考えてしまってモヤモヤする場合、身体を動かしてみたり、忙しくて考える時間が取れないようにする事も効果的です。

なにか夢中になれる事をしてみましょう。

心を自ら「闇」に引っ張らないようにの工夫が大切です。

愛と憎しみは表裏一体!

運命の人と感じ、パートナーになったとしても、些細な事で喧嘩になってしまったりするものです。

仲直りをして、また一層深まり、良い関係を築いてる間はとても幸せです。

しかし、感情というものは恐ろしく、今まで世界一愛した人であっても、世界一嫌いな人へと変化をしてしまう事があります。

愛しているからこそ、許せない気持ちに駆られて、憎しみが増したり、メラメラと怒りを感じる。

男女間でよくあるケースではないでしょうか。

ストーカー行為や、泥沼離婚など、感情がコントロールできなくなった末の結末。

信じていたのに、こんなに愛しているのに、と気持ちがあるからこそ表裏する感情。

信じていた人に裏切られ、悲しみを通り過ぎると、憎しみへと道は繋がっているのでしょうか?

親子であっても、夫婦であっても、自分の所有物ではありません。

自分の思う通りにいかないのは、当たり前です。

そこを踏まえると、少しは温かく受け止めれるのではないでしょうか。

私自身も離婚の経験や、子育てをしていく中で、不安や恐れ憎しみの中で、もがいていました。

なかなか理解するまでに時間もかかり、毎日イライラしていた日々が、今となっては勿体なかったなと思います。

あの頃の私は、相手を理解し、信じる事が欠けていたのかもしれません。

子育てに関しても、子供の意見を聞く前に「こうしなさい」と、押し付けていたように思います。

大切に思う人ほど表裏一体です。

自身のコントロールは、自身でしか管理できませんので、掛け違わないようにしましょう。

嬉しい!楽しい!喜びは、最高のエッセンス!

物事を悪い方向へ考えてしまいがちな場合、心の中は不安や恐れでいっぱいになり、どんどんマイナス思考へと傾いてしまいます。

前向きに物事を捉えれるようにしてみたり、頭で考える事をやめて行動してみる事でシフトできます。

物の見方、考え方は、意識して違う角度から見てみると、今までと違う発見があったり、答えが見えたりします。

また、固定概念から視野が狭くなる為、1人で悩まずに色んな方に意見を求めると、自分では思っていなかった発想や考えを聞く事ができて、選択肢も増えます。

ただ、人に話をする場合、自分が求める答えを必ず投げてくれる人、では発展は望めません。

一緒に悩むでけで終わってしまったり、余計モヤモヤする場合もありますので、お話をする相手は考えましょう。

興味本位で、話を聞いてくる場合も注意して下さいね。

今すぐ解決できない事の場合、ずっと悩み続けるよりは、1度忘れて横に置いてしまう事も必要です。

考えて悩んで解決できるならば、即行動してクリアにしてしまえば、明日から笑顔になれますし、早く解消した方が良いと思います。

しかし、解決できない問題を、寝ても覚めても考え続けたら、どうなってしまうでしょう。

心が病んでしまったり、笑顔でいられなくなったり不健康になってしまうのではないでしょうか?

きっと顔つきも、人が変わったかのようになってしまうかもしれません。

楽観的に、肩の力を抜いて、楽しむ事が、生きる上では大切です。

何も考えなくて良い、という事ではありません。

やるべき事をやってみて、解決できてない事は、今の時点では解決できない事なので、解決できるチャンスを待とう、と切り替えてみたり、他の事に目を向けて、1度その問題から離れてみる事で、解決の糸口が見つかるかもしれません。

マイナス思考な場合、自ら不安や恐れを作ってしまっています。

色々考え込まないで良いように、何か夢中で楽しくなる事を探してみたり、本を読んだり、映画を観たりして、集中できる事をしてみるのも良いと思います。

ワクワクする事や、ドキドキする事は、頭の刺激にもなり、心も身体も癒してくれます。

不安や恐れとはサヨナラし、嬉しい事や楽しい事を増やして、喜びや幸せを感じましょう。

喜びの種を撒きましょう!

悩み事を抱え、嫌な事しか考えれない時こそ、喜びに繋がる種を撒くと良いでしょう。

幸せや喜びは、人によって感じ方や、捉え方は違います。

例えば、人間関係に苦しんでいる場合は、仲の良い誰かに電話でもしてみる事です。

自分を理解し、付き合いしてくれてる誰かが居てる、という実感があるだけで、心が満たされます。

悩んでいる人間関係だけが、全てではありません。

悩みに苦しむより、幸せを感じる事や、喜びを分かち合う事の方が重要です。

喜びの種をまき散らして、芽が出て花が咲く事を期待し、人生を謳歌してしまいましょう。

きっと、今抱えている悩みは、後々笑える日が訪れます。

不安や恐れは、必ず自分に跳ね返り得は無し!

少なからず誰でも悩みを抱えているかと思います。

悩みのレベルも様々で、他人の事を自分の事のように、悩んでる方もいてます。

また、妄想で最悪なケースを考え、思い悩んでいる方もいてます。

そうかと思うと、大変な事が起きているにも関わらず、本人はケロッとしている方もいてます。

不安や恐れは、自分自身で作れるものだと思うんです。

どう捉えるかで、かなり変わってきます。

不安や恐れから、良い事は何も生まれません!

寧ろ、考えている事を、自ら呼び寄せてしまいますので、思考から離れる事です。

思考は現実化すると言います!

楽観的だと日本人は「悩みがなさそう」「お気楽だね」「ノー天気な人」と、とられがちですが、それぐらいで丁度良いと思います。

「ワハハ」と笑い、楽しいと感じる事で、自然と嫌な感情は薄れていきます!

不安な感情や、恐れ憎しみは、自ら跳ね除けましょう。

笑顔が全てを変える!

不安を抱えていたり、恐れを感じている時、どんな顔をしているか鏡で見た事ありますか?

あと、泣いてる時や怒っている時の顔もです。

その形相は、人に向けられるもので、なかなか自分で確認するものではありませんが、鏡を覗きこむと驚く程、嫌な顔をしています。

眉は上がり、眉間に立てジワが入り、鬼の形相で怖いというより老け顔で、どことなく顔色まで悪く見え、口もへの字でこわばってしまってます。

また、泣いてる時に鏡を見ると、何故か未だに分かりませんが、涙が止まってしまいます(笑)

嫌な顔をしていては、人どころか、天にも見放されてしまいます。

そして自分自身を嫌いになってしまいます。

それと反し、「笑顔」はどうでしょうか?

人に気持ち良さを与え、人をも引きつけます。

笑顔だけは、誰にとってもプラスでしかありません!勿論、自分自身にとってもプラスにしかなりません。

女性は特に「笑顔」でいないと損です!

もし、心で泣いていたとしても、笑顔でいれば、作り笑いでない日が必ず訪れます。

そう信じて「笑顔」で過ごしていると、きっと良い事が舞い込みます。

なにより自分自身を愛せます!

笑う事を忘れないように、まずは心掛けからスタートしましょう!

嫌な感情は身体にも影響します!

怒りや憎しみは、身体に負荷を与えます。

心と身体は繋がっている為に、心のバランスが悪いと身体の方へも影響してしまいます。

不快を感じる感情は「ストレス」そのもので、身体に力が入ってしまいこわばってしまいます。

そうする事で、肩口が上がってしまい、いつも緊張しているような感覚なんですが、毎日がそんな状態だと慢性してしまい自覚がありません。

自覚がないのが1番厄介で、神経の伝達が良くないので、無理をしてしまいがちになってしまいます。

身体から力を抜く為にも、嫌な感情に振り回されずにいましょう!

イライラしたり感情のコントロールが難しい時は、身体を動かしてみるのがお勧めです。

あと、深呼吸はとても効果的です。

胸を開いて、少し反らすぐらいで大きく息を吸ったり吐いたりしてみて下さい。

この時、腕をグルグル回すと、血の巡りも良くなりますので、力を抜きやすくなります。

心と身体は一心同体!

自分を大切に扱い、心も身体をいつも快適な状態に保てればと思います。

記事の共有と無料購読のお願い

古里このみ

古里このみ

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

数あるサイトの中より当サイトへご訪問頂きありがとうございます。

そして、当記事を最後まで読み続けて頂いた事を、心より感謝致します。

このページを運営しております、古里このみです。

このブログは、私の知識や経験から思う事などを情報発信できればと思い開設致しました。

こちらの記事を、あなたにとって大切な誰かに、1人でも多くの方へ繋げて頂ければ幸いです。

もし当記事が少しでもお役に立てましたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアで記事の共有をして頂き、あなたと繋がりのある方へお知らせ頂ければ嬉しいです。

今後も皆様のお役に立てるような情報を更新し、記事作成を通じてお届けできるように、共有のご協力宜しくお願い致します。

皆様のご協力が励みとなり、私の心の糧となります。

これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントはありません

Be the first to start a conversation

コメントを残す

  • (メールアドレスは公開されません)